自分の敵との関わり方 敵は必要だが大したことは無い

自分の敵との関わり方 敵は必要だが大したことは無い

皆さんこんばんわ。

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

 

嫌いな人、苦手な人は誰にでも1人はいます。そんな相手への対処の仕方についてご紹介したいと思います。

 

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

1,敵がいるから味方もいる

 

嫌いな人がいるから人生が成立します。

自分の敵や嫌いな人達から自分を守ってくれる、または自分の意見に共感してくれる貴重な人たちに、人は好意を持ちます。

自分の周りに1人も嫌いな人がいないとします。そのような場合、自分の好きな人達とは、どのように判断することが出来るでしょうか?おそらく大雑把な「知り合い」という分類の人たちが増えることになるでしょう。

 

もちろん、自分の苦しかった経験を無条件に受け入れてくれるような人にも、人は好意を抱きます。しかし、自分に否定的な他者がいることにより、自分の理解者への尊さが生まれます。

 

つまりは、敵も人生には必要であるのです。敵の一切出てこないRPGゲームをやりたいですか?想像しただけでつまらないですよね!(笑)モンスター全員が自分に友好的ではちっともレベル上げが出来ないです。

 

「敵を愛しなさい」なんて宗教のようなことは言えませんが、敵は敵のままで良いのです。ましてや、自分の周りの敵に、必要以上に気を遣い疲れてしまうこともナンセンスです。

それでも、敵からの攻撃にダメージを負い過ぎてしまったのならば、味方に回復してもらいましょう。どんな人にも仲間はいるはずです。残念なことに、人は疲れすぎていると周りの味方の存在を忘れてしまいがちです。

 

もしも本当に仲間がいないのであれば、敵地に向かう前に仲間集めを優先させてください。サトシは電気ネズミがいないと草むらにすら入れません。

 

あなたが弱いのではなく、もともと人間はひとりで生きる生き物ではありません。それは敵や嫌いな人も含めてです。敵と仲間の両方がいることにより、人生という物語が成立します。

 

2,相手の攻撃内容を分析する

 

嫌な奴の攻撃手段を把握しましょう。案外あなたは傷を負うことは出来ません。

あなたの敵は誰ですか?上司、同僚、ご近所さん、それともかりそめの仲の友人ですか?安心して下さい。どんな敵であっても、覚えている技は4つ以下でしょう。

例えば、このネチネチ言ってくる上司の技は

・グチこぼし ・ナンクセつけ ・なまける ・だるがらみ

こんなものです。破壊光線や雷は覚えることが出来ません。こちらのステータスやモチベーションを下げてくるだけで、命に別状はありません。

 

苦手なかりそめの仲のアンチきしょうの技は

・わるぐち ・じまん ・じゃまをする ・きらわれる

こんな感じのしょーもない技しか持っていません。そんな相手には バルス! 一択です。

周りに媚び売りまくりの苦手な同僚なんておそらく

・はねる

くらいしか習得できていません。放っておきましょう。

 

何が言いたいかというと、この現代社会で命を奪われるような技を相手は仕掛けられません。たいていは、自分のステータスを下げられて腹が立つ程度です。

 

このように相手の攻撃手段を分析すると、あなたが無意味に疲れてしまうことが減少します。しょーもない敵のしょーもない技なんて ・まもる をする価値さえありません。

 

3,自分の得意技を磨く

 

敵を自分で撃退できるスキルを身につけましょう。

時には、仲間に頼らず自分で敵をやっつけてしまうことも手です。そのためには、あなたの得意技を身に付ける必要があります。

 

先ほども申し上げた通り、残念ながら現代では、相手を物理的に攻撃する手段は認められていません。相手がステータスを下げてくる技を使うのなら、こちらはステータスを上げる技を習得しましょう。

 

ある分野のスペシャリストになることや、趣味を極めること。または自分の特技を磨くこともありです。何か自分に強みがあれば、自然と関連性の無いはずの事柄にも自信を持てるようになります。

 

要は自分の技とは、自分の芯をしっかりと持つことです。

 

どのような攻撃にもなびかない、自分の芯を持ちましょう。仮に良く知らない(知りたくもない)相手から批判されたところで、あなたの人生への影響力はそこまで持っていません。

 

問題なのは、相手の攻撃に応えてしまうことです。何度も繰り返してしまいますが、相手の攻撃はしょーもない精神への攻撃ばかりです。攻撃に全く動じないあなたを見て、敵は勝手に撃退できてしまいます。

 

・まとめ

 

今回は、自分の敵との関わり方についてご紹介しました。まず、敵は人生において必要なものだと理解します。そして、相手の攻撃内容を把握し、自分の反撃技を身につけましょう。反撃技と言っても、自分の特技を磨き、自信を持てるようになるだけで良いのです。

 

 

いかがでしたでしょうか?敵はあなたにとって必要な存在であり、大した技は持っていません。自分に自信を持ち、仲間と楽しく人生を歩んで行きましょう!

 

それでは、

ばぼの~す

2 comments

    User

    ケチ大根

    ばぼのすさん
    こんにちは、ケチ大根です。
    ブログやTwitterでお世話になっております。
    哲学的な内容僕は大好きで、ファッション自体が哲学的な要素をだいぶ含んでいると思っております。

    また、ブログの作りや文章も結論から簡潔に書かれているので真似したいと思いました。

    実はPCを持ってないので、早く買ってばぼのすさんのレイアウトを勉強させていただきながら頑張ります

    アドセンス合格も本当におめでとうございます

    返信
      User

      vanotchan

      ケチ大根さん
      コメントありがとうございます。こちらこそお世話になっております。

      そんなに褒めて頂けると照れてしまいます(笑)
      お互い1年後には、大きなブログになっていることを信じて頑張りましょう!

      返信

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です