アイディア×感情=挫折対策

アイディア×感情=挫折対策

皆さんこんばんわ。

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

 

皆さんは、何かを努力している際に挫折を感じた経験をお持ちでしょうか?

恐らく、誰にでも一度は挫折を経験したことがあると思います。

 

そんな時に必要なものは、最初のモチベーションを思い出すことです。

何故自分が努力をするべきなのか。最初に考えた理由となる感情を、具体的に留めておきましょう。

 

今回は、私のお世話になっている実業家の方の教えを元に、記事を書き進めていきます。

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

 

 

挫折の分析

走り出した時の感情を忘れずに

 

始めに、挫折の原因について言及していこうと思います。

どれだけ素晴らしい構想を抱いてどれだけ努力しても、結果が伴わない場合に人は挫折します。

 

社会は残酷なもので、途中経過を評価してくれることは多くありません。

誰しもそんなことは理解しています。それ故に、結果が出ないことに対しての焦りや憤りから挫折をしてしまいます。

 

では、どのように挫折へと向き合えば良いのでしょう?

ずばり、最初の感情を見失わないことです。

 

自分が取り組み始めた理由が抽象的であると、次第に自分のモチベーションは下がります。

「何となく成功するかもしれない。」「何となくやってみたい」

これではあまりにも曖昧な理由のため、挫折もしやすいです。

 

一方で、

「これを達成できれば自分の未来はこう変わる。」「これが出来ればもっとこのように人の役に立てる。」

と具体的に結果を見出すことにより、モチベーションの維持に繋がります。

 

 

1番モチベーションが高いのは、走り出した直後です。

この感情を利用しない手は無いのです。挫折しそうになる時は、具体化した自分の感情を思い出してみましょう。

 

 

 

 

感情を具体的にするためには?

脳内で成功を映像化させましょう

 

ここまでは、挫折は曖昧なモチベーションが原因の1つであることを述べていきました。

次に、成功した姿を映像化させる方法を述べていきます。

 

何故、自分は努力をし始めたのか?また、その先にはどのような未来があるのかを脳内で映像化しましょう。

 

どんなものでも、最初は人の妄想からスタートしています。

「出来るだけ早く目的地にたどり着きたい。早く走る乗り物があれば良いのでは?」

 

そんな人々の妄想から、車や新幹線、飛行機が誕生しました。

 

「遠くにいる人と意思疎通をしてみたい。」

こんな妄想からは、携帯電源が発明されています。

そして今では、スマートフォンとして意思疎通だけではなく、情報収集や情報発信も簡単に出来るようになっています。

 

 

 

これらの妄想は、イメージから始まり、形になり、性能が確立された成功例です。

始めは単なる妄想であるかもしれないけれど、形になることにより結果が伴い始めます。

 

感情の具体化も同様にして進めていきましょう。

あなたの成功した未来が喜びに溢れているのであれば、

・どのように

・何が出来るようになって

・何が手に入って

喜んでいるのかを妄想して下さい。

 

 

挫折を感じたとしても、具体的なゴールとなる感情を忘れていなければ、結果が伴い始めます。

 

これが努力を継続し続けるカギとなるのです。

 

 

 

 

ビジネスの成功にも繋がる

他の人と一緒に喜ぶ姿を妄想しましょう。

 

言うまでも無いかもしれませんが、ビジネスが一晩で成功することはまずあり得ません。

また、自分1人で成功するものでもありません。

ビジネスの成功には、継続した努力と他人への価値提供が必要不可欠です。

 

 

事業構想のサイクルとして、

社会での必要性の

アイディア

行動

リサーチ

 

この3つを繰り返していくことが、事業を進めていく必要があります。

繰り返していくうちに、どこかで挫折をしてしまいそうになることでしょう。

ここで、必要になるものが最初から述べている自分の感情(モチベーション)です。

 

 

根性論のような話ですが、自分の映像化した成功図と感情は非常に大切です。

自らのゴールの指標となることもさることながら、全ての段階において自分の努力に確信を持つことが出来ます。

 

 

1つポイントなることが、いかに他人の為になっているか考えることです。

言い換えると、自分の成功図には、必ず他人も一緒に喜んでいる姿を想像する必要があります。

 

ビジネスとは、お金を生み出す行為と言っても差し支えはないでしょう。

そして、お金の発生は、いかに他人の有益なものを生み出せるかに掛かっています。

 

つまり、価値提供の対価がお金であるのです。

 

時折、日本人はお金稼ぎに対して嫌悪感を抱いていますが、大きな間違いではありませんか?

例えば、あなたが1万円の商品を生み出してそれが売れたとします。

その際に勿論あなたは1万円を手にしますが、それと同時にこの世へ新しく1万円の価値を生み出しているのです。

 

つまりは、あなたがビジネスを成功させるという行為は、それだけ世の中に新しい価値提供を生み出している行為なのです。

 

あなたが豊かになればなるほど社会も豊かになるのですから、とことんビジネスを成功させましょう。

これは立派な社会貢献です。

 

 

まとめ

最初のモチベーションを維持することは、あなたが挫折することを食い止めます。

自分はどうして努力をし始めたのか、そのゴールは何なのかを具体的にしましょう。特におすすめの方法は、自分の成功している姿の映像化です。

他人と一緒に自分が幸せになっている姿を明確にできれば、ビジネスでも成功することが出来ます。

 

 

 

自分の正直な思いを胸に前進していきましょう。

 

本日は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

それでは、

ばぼの~す

 

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です