留学

英語学習を加速させるコツ  成長を記録しよう!

皆さんこんばんわ。

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

英語学習を進めるにあたって絶対に必要な事が、自分の成長を実感することです。これをしないと、英語学習はなかなかモチベーションが上がらないですし、結果も出にくくなってしまいます。ここでは、

 

・勉強時間の記録 ・ボイスレコーダーの活用 ・TOIECテストを受ける

 

この3種類の実力を把握する方法をお伝えします。どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

1,勉強時間の記録

これは、英語学習に限らずおススメ出来るコツですが、自分が何時間勉強したのかを毎日記録してみましょう

 

英語を習得するためには、本当に莫大な時間を費やす必要があります。そして、英語の勉強に集中できる環境にある留学生は、やはり日本で勉強するよりも勉強時間を容易に作ることが出来ます。

 

そんな留学生でも、残念ながら英語を勉強することが出来ない方や、諦めを感じてしまう方はいます。その原因として、自分が今どこまで成長したのか分からないことが強く影響しています。

 

その対策として、どのくらいの勉強時間が自分には必要か考えましょう。そして、そこから毎日の勉強時間を逆算してみて下さい。少し多めの必要時間を設定しましょう。

 

 

ここで気を付けて欲しいのが、教科書を読んでの勉強だけではなく、 ・洋楽の歌詞を書きとる ・英語で日記を付ける ・YouTubeで発音の練習をする 等

英語に触れている時間を勉強時間と捉えて下さい。これだけでもハードル下がりますよね?

 

 

私は、200点台のTOIECスコアで、英単語すら十分に口から出てこない状態でした。そこから、

 

・それなりに会話をすることが出来る

・TOIEC600点越え

 

 

上記の2つの目標達成まで3,000時間は必要だと考えていました。 

そこから逆算をすると、1年間で3,000時間ほどの勉強時間を確保するためには、月に250時間必要です。

1日に換算すると、大体毎日8時間の勉強時間があれば達成可能です。

 

 

毎日記録を取ることで、「今日は目標を大幅に超えることができた」「もう合計500時間以上も勉強しているのか!」と数値的に英語取得までの道のりを把握することが出来るようになります。

 

これだけで、英語に取り組む難易度がさらに下がります!

あと何時間勉強すれば目標に到達できるかが分かるからです。

 

本当に勉強がしたくないと感じたときは、休んでも構いません。トータルで英語に触れた時間が月250時間になることが目標ですから。

 

そして、留学開始から7ヵ月目、私の成果は、

 

・TOIEC665点

・3分ほど英語を喋ることができる

 

 

 

なんと、半分の期間で当初の目標は達成してしまいました。(笑)

 

TOIECの点数アップは、1年の留学だけではあまり期待をしていませんでした。基礎が中一レベルですし、TOIEC特化よりも発音や会話力に重点を置きたかったからです。

 

(1年後には、毎日TOIEC8時間マンツーマン指導をフィリピンで3ヵ月受けようと考えていたのですが、、、このペースだと必要ないかもしれません。)

 

 

大切なことが、目標を明確に数値化し、毎日継続をすることですね。

 

少し目標を低くし、必要勉強時間を多めに見積もる事をおススメします!

 

目標が高すぎると、達成しなかったとき挫折するかもしれないので。。

 

 

 

2,自分の英語を録音する

最初は恥ずかしいですが、是非自分の英語をボイスレコーダーで録音してみて下さい。

私は1か月に一度の頻度で録音していますが、自分の成長が目に見えて達成感を味わうことが出来ます!

 

最初に録音したときは、8秒程しか言葉を発することが出来ませんでした。しかも発音は思いっきり日本語みたい。。(笑)

しかし、留学6ヵ月ほど経過したときから、3分~4分ほど詰まりながらではありますが、自分の言いたいことを英語にすることが出来るようになっていました!

 

このまま1年経過したら、どれだけスムーズに英語を話せるようになるのか楽しみです。

 

良いのか悪いのか分かりませんが、誰でも留学に行くと学校の先生も周りの外国人の友達も、「君の英語はいいね」っと言ってもらえる機会があると思います。

しかし、何が良くて度の発音が悪いかまでは教えてくれません(´;ω;`)ウッ…

 

 

褒めてくれるのは嬉しいんだけど、、、、正直な感想が聞きたいですよね。

 

自分で録音をして自分の発音を聞いてみると、悪いところや上達している発音を把握することが出来ます。

 

 

3,TOIECを受講する

TOIECは慣れるまでは大変ですが、難しいテストではありません。

それにも関わらず、

 

・英語が出来るという資格になる

・働ける場所や可能性が増える

・自信が付く

というメリットがあります。もちろん努力は必要ですが、結果が出やすいテストであることは間違いありません。

 

 

 

2018年12月現在、私は語学学校にてTOIECクラスを受講していますが、900点以上を取っているルームメイトは8人中4人です!

(日本人のTOIEC900点以上の受講者はたったの3%だそうです。少な!!)

 

アメリカに5年ほどいる人もいますが、それでも二分の一の生徒は900点以上を取っています。しかも、特別な対策を長年やっている訳でもありません。

私自身もTOIEC対策に特化したわけではありませんが、英語に1400時間ほど触れたことで400点upしました。

 

TOIECで高得点を取れれば話せるようになるわけではありません。しかし、ある程度話せるようになれば、TOIECの点を稼ぐことが出来ます。

 

恐らく日本でTOIEC対策だけを行っていたのなら、話せないけれどテストの点は高いという典型的な日本人のパターンになっていたことでしょう。

 

点の取りやすいTOIECを受講することで、英語学習へのモチベーションを高めましょう!

しかも就職で有利になることや、海外でも働くチャンスが生まれるという特典付きです。

 

 

 

・まとめ

英語学習の成果を加速させるためには、自分で成長の記録を作ることがモチベーション維持に有効的です。

 

英語に触れた時間を勉強時間として記録し、ボイスレコーダーで自分の英語を定期的に録音しましょう。

そして、点数の取りやすいTOIECを受講することで、自分に自信をつけながらTOIECならではの特典も手に入れてしまいましょう!!

 

 

 

今回は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、

ばぼの~す

 

 

 

 

Comment here