結果を出すためのコツ

結果を出すためのコツ

皆さんこんばんわ

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

 

今日は、結果を出すためのコツというのを記事にしていきます。

結論から申し上げますと、目標を履き違えないことです。

 

人は時折、本来達成すべきこととその方法が逆転してしまうようなことがあります。

それを未然に防ぐことにより、結果をより早く生み出すことが出来ます。

 

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

 

 

 

手段と目標がすり替わる現象

手段を変えることは間違いではない

 

自分に向いていない手段であるのならば、どんどん切り替えてしまいましょう。

収入を増やすことやダイエット、英語を勉強することもそうですが、目標達成のための手段は豊富です。

 

 

その豊富にある手段の中で、どれを選ぶかはあなた次第となります。

また、その手段が合わなかったという判断もあなた次第でしょう。

 

ここで変な意地を張ってしまうと、手段と目標が入れ替わってしまいます。

 

例えば、あなたがダイエットをしているとすると、

あなたは、減量のために朝早起きしてランニングに行くことに決めました。

辛い早起きも、毎日頑張って継続させています。しかし、次第に朝起きることだけにエネルギーを使い、ランニングに行けない日が続くようになりました。

 

それでもあなたは減量したいため、早起きを続けています。ランニングなしで。。。

結果どうでしょう?あなたの体重はあまり変わりません。

 

ダイエットが目標であるならば、本来早起きだけが手段ではないはずです。

夜に走ることや摂取カロリーの調節というような、他の手段もありますよね。

 

これは、「痩せる」ことから「朝起きる」ことに手段と目標が入れ替わってしまう良い例です。

 

 

確かに1度決めたことを頑張ることは否定しません。むしろ素晴らしいことです。

しかし、あなたの選んだ手段は、本当に目標達成へ効果的なのか考え直してみましょう。

 

一度決めた「目標」を変えず、「手段」を変えることで結果が生まれやすくなります。

 

 

 

 

苦手なことから逃げても良い

得意なことに努力をしましょう

 

苦手なことに労力を注ぐ意味は無いです。

言い換えると、自分の向いていないことは極める必要が無いのです。

 

結果を出したくても出せないという人は、自分の向いていることは何かを探しましょう。

どんな天才だろうと何でも出来た訳ではありません。

 

ピカソがオリンピックで金メダルを取れる訳ではないですよね?

また、ソクラテスが立派な建築士になれるとも限らないです。

 

同様に可能性溢れるあなたは、あなたの向いていないことに努力する必要など無いのです。

 

 

もちろん、全く努力をしないことではありません。

 

 

しっかりと努力をした上で、「これは自分に向いていない」と判断したのであれば、サクッと止めてしまいましょう。

数ある手段の中1つを諦めたところで、あなたが根性の無い人間である証拠にはなりません。

 

 

諦めたことを後ろめたく思う必要はありません。それよりも、新しい手段を考えることに尽力した方が良いです。

 

 

「最近の若者は続かないね~」←(平安時代より前から使われている言葉です。)

うーん。時代に乗り遅れた老害は哀れです。

 

「俺たちなんかはこうだった」と考えを押し付けられても参考程度に留めましょう。

平成もそろそろ終わります。2世代、3世代前の時代と同じ考えでは、進歩できるはずが無いのです。

 

(そういえば、ゆとりというのもそろそろ死語かもしれませんね。)

 

 

まとめ

 

結果を出すためには、手段と目標をすり替えないようにしましょう。

いくらでもある手段の中、何も1つにこだわる必要はありません。

 

継続することはもちろん大切なことです。しかし、自分が苦しいと感じるようなことに努力する必要はありません。

自分の向いていること、好きな事で勝負をしていきましょう。

 

 

 

本日は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

それでは、

ばぼの~す

 

 

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です