留学

英語が話せるようになるには?

皆さんこんばんわ

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

 

留学生の方もそうではない方も、英語を話せるようになるのが憧れだという人は多いかと思います。

日本語と英語の発音の違いに苦しみ、自分の圧倒的な英単語の少なさに絶望し、話すことを諦めてしまいます。

 

今回は、英語を話すコツについてお話をしていきます。

一番重要なポイントとして、英語は焦らずハキハキと話す言語ということを抑えましょう。

 

英語取得に向けて日々奮闘中の方の手助けとなれば幸いです。

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

 

良い発音を心がけましょう

日本語との違いを把握する

 

顔の筋肉を使い、出来る限り良い発音で英語を話しましょう。発音が良くなるメリットとして、自分のモチベーションが上がることです。

発音が良いと相手に理解してもらいやすいのもメリットですが、それよりも発音が良いと自分のモチベーションが上がり、英語を使いたくなるのです。会話の回数をこなすことが上達への必要事項ですから。

 

英語は、顔の筋肉をしっかりと使うことで発音をすることが出来ます。ハキハキと単語を発音するのがコツです。

日本語はわりと口元の微動作だけで発音できますが、英語の場合そうはいきません。

 

アルファベットの発音一つ一つに動き方や音があります。表情筋や舌、のどを使いこなすことによってネイティブスピーカーのような発音を真似ることが出来ます。

詳しく調べたい方は、英語のフォニックスを調べてみて下さい。個人的におススメなのは、YouTubeで検索してみて、フォニックスをマスターすることです。

 

とは言え、簡単に習得することは出来ないでしょう。

毎日繰り返し練習をすることで、日本の発音から抜け出すことが出来ます。

 

最初は、何だか外国人ぶっていて自分のことが気持ち悪いかもしれません。それでも、発音を鍛えていくことにより、周りから羨ましがられる発音を手に入れることが出来るでしょう。

 

もう1つ発音の練習で有効的な方法は、シャドーイングです。

シャドーイングとは、聞こえた英語の真似をして口を動かしてみる練習方法です。動画を見ながらや英語会話の授業を受けながら、聞こえた英語を真似てみましょう。

発音記号を見ながら発音の練習をするのも有りなのですが、どうしても退屈してしまいますし、何より記号では分かりづらいです。

1つ1つの単語の音の特徴を掴み、どのような口と顔の動き方をすれば真似できるのかを研究してみて下さい。

 

発音の仕方は1通りではないので、あなたの発音しやすい動かし方を見つけましょう。

 

 

 

物怖じしない

堂々と未熟な英語を話しましょう

 

何年留学を経験しても英語が話せない人の特徴として、もごもごと英語を話していることが挙げられます。

英語以前の問題と言っても過言ではありません。もごもご喋っていてはどんな言語を喋っていても分かりずらいものです。

自信満々に英語を話すことが出来れば、それだけで英語が上手っぽい人に聞こえるものです。

 

「言いたい事が英語で口から出てこない。」「知らない単語を聞くと思考が止まってしまう。」英語学習、特に会話に苦戦している人が良く経験してしまうことです。

 

それでも、物おじせずに自分の言いたいことを伝えましょう。

文化的な要素も含まれていますが、英語はハキハキと話す言語です。アメリカでは特に、自分の意見をはっきりと伝える文化があります。そんな文化圏の言葉なので、アクセントや大きめの発声方法が必要となるのです。

 

英語を話している人がカッコ良く見えた経験はありませんか?もちろん英語を話せること自体がカッコイイのかもしれませんが、それ以上に堂々とハキハキ言いたい事を言っているからです。

日本語だとしても、堂々と話をしている人は、もごもご話している人よりも高い評価を得ることが出来ます。

要するに、英語は堂々と話すものなのです。

 

知らない単語やどのように言えば良いのか分からないのであれば、知っている英単語を駆使すれば良いだけです。

とんちんかんな会話になってしまっても、誰もあなたから英語を話す権利を奪うことは出来ません。

物怖じせずに話して良いのです。

 

 

話す速度よりも分かりやすさ

ペラペラの意味の履き違え

 

英語が話せるということは、何も速く話せることを指すわけではありません。

俗にいう英語がペラペラだと言う言葉には、ラッパーのように素早く話せることのように捉えがちです。

しかし、言語は英語も含めてコミュニケーションツールなので、伝わりやすさを優先させましょう。

 

確かに素早く英語を話すことが出来ればカッコ良いのかもしれません。ただ、それよりも正しい発音とアクセントで、きれいに話すことの方がよっぽど大切です。

そもそも私は、英語が話せる人の中で「英語がペラペラ」なんて言葉を使っている人に会ったことがありません。

使い勝手の良い言葉ではありますが、英語学習への目標にはしない方が良いです。明確さがペラペラですから。

 

話が少し逸れてしまいましたが、話す速度は関係ないのです。

焦って訳の分からない発音と文章を作るよりも、落ち着いてハキハキと話すことが重要なのです。

 

たどたどしい英語をゆっくりと話しても、最初は全く問題ありません。

スムーズに話せないことをバカにしてくる外国人がいたのであれば、

Then, speak Japanese if you can.

じゃーさ、出来るなら日本語話しなよ。とでも言ってやりましょう。

大抵バカにしてくるような人は、1つの言語しか話すことが出来ません。

 

ゆっくりでも確実に、多言語を扱える人はその努力のみでも評価されるべきです。

自信を持って英語をたくさん話していけば、必ず成長をすることができます。

 

 

 

 

まとめ

英語は焦らずハキハキと話す言語です。

はっきりとした発音と声の大きさで、自分の意見を相手に伝えましょう。

練習方法としては、フォニックスやシャドーイングがおススメです。話す速度よりも、分かりやすさを重点に置きましょう。

 

話すスピードや成長速度が遅くても焦る必要はありません。

修正しつつ量をこなしていれば、誰でも英語を話せるようになれます。

 

 

 

本日は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

それでは、

ばぼの~す

 

 

Comment here