留学

留学で得た英語以外の成果3選

 

 

本日も閲覧ありがとうございます。

ばのちゃんです。

本日は留学で得ることの出来た英語以外の3つの収穫を皆様に紹介したいと思います。

 

 

1,時間の管理

2,お金の管理

3,将来の整理

 

3つとも共通して言えることが、目的意識を忘れないことです。詳しくは下記に記していきますね。

まだまだ留学の最中ですが、その中でも今後の人生で確実に役立つものだと確信しております。本日もどうぞ最後まで閲覧お楽しみ下さい。

1,時間の管理

 

1.1 毎日に達成感を!

毎日の目標、言い換えると優先順位を定めることです。私の場合、TOIEC900点です。

目標のために毎日を過ごすことができるので、毎日にやりがいと達成感を感じることが出来ます。

 

大学生の頃の私は、何となく毎日を過ごしていることが多かったです。履修をとりあえず落とさないようにして、バイトをして遊びに行って。

 

何となく楽しかったのですが、何となく毎日疲れていました。

不思議なことに人間はダラダラしていると疲れるものなんです。

 

「あなた、怠惰ですね~」って他人から言われるとムカつきますよね?

しかし、誰よりも自分が頑張っているかいないか知っているのは自分自身です。

自分には言い訳、通用しないんですよね。

自分が何をするべきなのか決めてしまえば、日々の気だるさが改善するかもしれません。

 

1.2 時間どろぼうの排除

私は時間どろぼう=スマホ であると断言します。何かを少し終わらせた後、SNSの巡回やYouTube、ネットサーフィンの旅に出かけてしまう人は少なくないでしょう。

この時間を極力なくしましょう!

 

ネットからは多くの情報を得ることが出来ます。しかし、それらは必ずしも必要なものとは限りません。また、違う情報にも興味が移ってしまうと1時間なんてすぐになくなってしまうことでしょう。

 

例えば、YouTubeで興味のある動画を見ていたのに、気づいたら全く関係ない動画を見ていた経験はないでしょうか?

 

そうこうしている内に、あなたの人生は1時間、また1時間と終わりを迎えています。

 

休憩は大切なことでスマホは最高の相棒です。

ですが、たまにはスマホ=時間どろぼうと遠くへ追いやり、やるべきことを優先して終わらせてしまいましょう。

 

そうでなくて人生がモッタイないです。

 

2,お金の管理

 

2,1予算を決める

留学に行ってからというもの、私は自動的に節約家となりました。極端な話、一文無しになれば日本に帰ることすら出来ません。そこで、毎月予算を決めることにしています。

 

私のひと月の予算は$850です。日本円だと9万円程でしょうか。

この$850の内訳は、

・家賃 $550 (学生寮なので水道、ガス、電気、Wi-Fi料金込み)

・交通費、雑費$100 (主に自転車で生活してます。また、ロサンゼルスのバスは学生証があれば$0.5です。)

・携帯代 $40  (移動の際は機内モード。通知はオフ。)

・食費$ 100

・予備費 $60 

 

留学エージェントからは、年間250~300万円、つまり月に20~25万円の予算をおススメされていましたが、そんなにお金を掛けたくはありませんでした。脳がふるえます。

 

この額で不自由はあまり感じません。急な出費(自転車の修理、教科書の更新、たまにお出かけ)も予備費の積み立てで何とかしのいでいます。

 

2,2 1日考えた後に買う

どんなに倹約が出来るようになったとは言え、時々物欲に負けてしまうことがあります。そんな時には、1日時間をおいてから本当に必要なものかを考えます。

 

今までにアメリカにいて欲しくなった物は、ブランドの服にiPod、電動耳かき。(笑)

アメリカって案外日本で高いものが安いです。

特にブラックフライデーという日は格別に安い!!

 

しかし、衝動買いは抑え、自分に1日本当に必要なものか考える時間を与えてあげます。そうするとやっぱり買わなくて良かったと後から後悔することがないのでおススメです。

 

3,将来の整理

 

3,1 今後の計画を練り直す

 

以外かもしれませんが、留学生って案外ヒマです。言い方を変えると自分と向き合って考える時間が大いにあります。

 

日本にいる時よりも急なお誘いは少ないですし、(最初は0かもしれません)学校に行く以外はやることがない日が多いです。

 

この時間を利用しない手はありませんでした。今後の自分の未来設計を考えているうちに、お調子乗りの私は創造のつばさを広げておりました。

また後日、どんな将来の計画を立てたのかブログにします。

ブログをこうして始められたのも、ある意味留学のお陰かもしれません。

 

3,2自分探し

ずいぶん前のビートたけしさんの言葉ですが、

「自分探しなんて辞めちまいな。どんなに探したって自分の姿は自分じゃ見れやしねぇーんだから。」

 

確かにな。と思ったことも私にはあります。それでも、自分探しは必要な時もあるのではないでしょうか。

 

自分と向き合って考えるうちに、自分の本当に好きなことや苦手なこと、やりたいことが見えてくるからです。

私の例をあげると、毎日誰かとどんちゃん騒ぎしているような毎日が楽しいと、留学前は思っていました。

 

しかし、いざ一人の時間を半年ほど過ごしてみると、案外まんざらでもなかったです。さらに言えば自分好みの生活でした。(友達が出来ない言い訳ではないです。はい。)

大学に通いながら毎日のようにバイトをし、夜な夜な遊んでいるようでは本当にやりたいことも見つかりずらかったのかもしれません。

 

たまには、自分との対話をしてみてください。ゼロから新しい生活が始まるかもしれません。

 

・まとめ

~留学で英語以外に身に付いたこと~

1,時間の管理

 

明確な目標を立てて、毎日こなして見てください。達成感のある日々を送ることが出来るようになります。

 

スマホは時に人生の時間どろぼうとなります。怠惰からは疲労感が発生します。

 

2,お金の管理

予算を決めることで必要最低限の金額を把握しましょう。物欲に負けそうな時は、1日だけ自分に考える時間をあげて下さい。冷静になれること間違いなしです。

 

3,将来の整理

留学をしている人は特に、自分を見つめ直すことが出来る時間があります。

自分が本当は何が好きで何がしたいのか。自分に問いかけてみると、目標が見つかり安くなります。

 

毎日忙しい方も、たまには自分探しなんていうキザなことをしてみるのもいいかもしれません。

最後までお読み頂きありがとうございます。下記に私のTwitterのリンクを載せますので、宜しければこちらもご覧ください。

https://twitter.com/L0g6Jv2aaw3tImE

それでは。ばぼの~す。

 

・今日のおまけ

~ひとこと英語~

「It has rough.Hasn’t it?」

大変…..だったね。

ひざ枕されながら言われてみたいです。。

 

 

Comment here