言葉にすることの重要性

言葉にすることの重要性

皆さんこんばんわ

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

 

背中で語るのが漢の美学。

なんて考えている殿方は少ない無いかと思います。

 

結論から申し上げますと、思考は言語化した方が良いです。

そのメリットとして、

 

・自分の気持ちの具体化

・将来の明確化

・意思疎通の潤滑化

 

をすることが出来るからです。

安易な言葉ではなく、自分の本当の気持ちや思考を言語化しましょう。

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

気持ちの言語化

思考と言語は別物

 

自分の中でもやもやとしている感情。原因不明の不安感や絶望感。

それらが生まれる原因は、自分の気持ちを自分でも表し切れていないからです。

 

少し不思議に聞こえるかもしれませんが、思いや気持ちは言語ではありません。

何となく考えていることや願いは、言葉にすることでようやく自分の中でも明確になります。

自分が幸せな理由や逆に不幸せな理由、悩みごとやこれまでの経験など、言語化は案外行われていません。

 

恋愛を例に上げるとすると、ときおり人は、何故?どのように?どのようなきっかけがあり?どのようにしていきたいのか?

を言葉に出来ていません。

それは、「好きだ」という感情を具体的な言葉に出来ていないからです。

その結果、自分の中でも告白をされた側としても「だから何?」という疑問が払しょくしきれないのです。

 

男性は特に苦手な作業なのですが、自分の感情を言語化して明確にしていきましょう。

「怒り」一つにしても

・悲しみと混ざり合った怒り(# ゚Д゚)

・悔しさ交じりの怒り(# ゚Д゚)

・ただただワガママで感情的な怒り(# ゚Д゚)

・寂しさや恥ずかしさを隠すための怒り(# ゚Д゚)

・見栄を張るための怒り(# ゚Д゚)

などなど。状況やその時の自分の精神状態、その日に経験したことからも人の感情は多様に言語化することが出来ます。

 

自分の置かれている状況を把握して、冷静に自分の感情を言葉にしてみましょう。

ただ「こう思ったから」なんていう生き方では、行き詰る可能性が非常に高いです。

 

将来の明確化

計画も言葉に表す

 

自分の目標や夢を持つことは、人生において生きがいへと変わります。

しかし、こちらでも言語化をしている人は中々少ないものです。

「こうなりたい。」「こうしたいから。」

単純で簡単に説明する際には有りかもしれません。

しかし、自分の中ではより具体的に、文字数とバリエーションも増やした言い回しを持ちましょう。

 

なにも、他人へ説明するためだけに、目標を言語化させるという訳ではありません。

具体的な行動や方法に繋げることが真の狙いです。

例えば学校の先生になることが目標だとすると、

 

・学校や勉強自体が好き→どのような自分の経験を元にそう考えているのか?→教え子にどんな姿の自分でいるべきかを考える。

・教えるのが好き→誰にどのような科目を教えるのが好きなのか?→どの科目に特化して準備をするのか明確になる。

・公務員として働きたい→安定した働き方をしたい→他にもセーフティーネットを作ればより安心なのではないか?

 

ただ考えているだけ、妄想しているだけでは、将来のための行動も曖昧なものとなってしまいます。

別に途中で夢が変更しても構いません。漫画の世界では海賊王になることから不動産王へと変更は出来ませんが、現実世界では全く問題ありません。

もしくは、夢の根本は変更せず、言い回しを変えていくことも良いでしょう。

 

まずは現在の目標や夢の言語化から、将来のための行動を具体的にさせましょう。凡人であればあるほど、願望を実現させるためにはこのような泥臭さが必要となります。

 

意思疎通の潤滑化

思っているだけでは伝わらない

 

思いや感情は、どんどん言葉発して相手に伝えましょう。

上記で述べたように自分の中で感情や夢がまとまった後は、相手にも言葉にして伝えましょう。

当たり前かもしれませんが、言わなければ分からない感情や思いは数多く存在します。

 

自分の夢や目標をしっかりと自分の周りに伝えることで、足がかりを見出すことも出来るかもしれません。

努力をしている人には、自然と応援してくれる人や気に留めてくれる人たちが現れます。

自分の中でまとめた言葉は、自分を応援してくれている人たちに対して最も響きやすいです。

励ましの言葉だけではなく、具体的な支援や情報提供をその人達から有難く受け取りましょう。

 

さらに、自分の感情や思いを具体的な言葉で相手に伝えることは、現存の人間関係維持にも非常に効果的です。

あなたでさえあなたの感情や思いを具体的な言葉に出来ていない状態で、他人に理解してもらおうというのは不可能です。

結局は、自分の思いは言わなければ伝わらないのです。必要なことだからこそ、人間の言語はここまで発達しています。

 

 

そして、上手く自分の思いを伝えられる人間は、言わずもがな対人関係での悩みを減らすことができます。

言い回しを鍛えることで、自分の敵は味方に付けてしまいましょう。

元々の自分の味方には、関係の向上を狙うべく自分の純粋な思いを言葉にして伝えましょう。

 

自分の気持ちを具体的に言語化出来ている人は、自分がどのような言葉を言われるか嬉しいかが分かります。

同様に、相手の欲しい言葉も具体化させることにより、あなたは相手から一目置かれる存在となるのです。

何より、コミュニケーション能力は人間社会には必須項目です。

 

 

 

まとめ

自分の気持ちや思いは言語化させましょう。

そのメリットして、自分の本音を具体化させ、未来への行動も具体化させることが出来ます。

さらには相手にも具体的かつ分かりやすい言葉を送ることで、あなたのコミュニケーション能力は上昇します。

 

 

 

本日は以上となります。

個人的には「当たって砕けろ!」なんていうアドバイスは好みません。

砕けないために考えて行動し、自分の考えは自分で言葉にまとめましょう。

何事も方法は1つではありません。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

それでは、

ばぼの~す

 

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です