留学

英語の聞き流しは無意味です(´・ω・`)

皆さんこんばんわ。

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

英語学習をしている方は、英語の聞き流しに効果があると思いますか?私は聞き流しに全く効果は無いと感じています。

聞き流しで少しでも英語が上達するなら良いですよね。何といっても楽ですから。

 

残念ながら、効果は無いので聞き流しをして勉強した気にはならないで下さい。

今回はその理由を述べていこうと思います。どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

 

 

 

・英語の聞き流しに効果が無い理由

結論から申し上げますと、聞き流しは読んで字のごとく聞いて流しているからです。

 

何となく英語を聞いていると勉強した気になりますが、全部流してしまっているのです。

 

私は、何度か聞き流しを実験をしてみたことがあります。それも日本語で何度か聞いたことのある内容です。

 

実験内容は、お笑いの聞き流しでサンドウィッチマンとノンスタイルの漫才、それぞれネタを3つ聞き流しをします。そして、その後どのくらい内容を口に出せるかを試してみました。

 

結果、、、1つも満足にネタの復唱をすることは出来ませんでした。

びっくりするくらい覚えていないんですよね。もちろん内容は理解していて楽しんでいました。しかし、言っていた正確な言葉は覚えていなかったのです。

ある程度集中して聞くことに集中していたにも関わらずです。。

 

 

ではこの聞き流しで、何か作業しながら英語の内容を理解し覚えていることは出来るでしょうか。

残念ながら不可能です。

 

英語を話せるようなることが目的なのに、聞き流しでは言葉が出てくるようにはなりません。

 

たとえ日本人が日本語の、さらに内容の知っている話題を聞き流ししてもです。

 

私の記憶力が🐓並みであったからかもしれないので、違う例も出して聞き流しの無意味さを説明しましょう。

 

それは、英語に

 

 

 

 

英語なら分かるようになるかもしれない

 

という幻想を抱いているからです。

 

 

確かに日本人にとって英語は、ある程度親しみがあり知っている単語も0ではないことでしょう。

 

 

 

その結果、「聞くだけで英語はなんとか身に付けられるのでは?」と勘違いをしてしまいます。

 

あなたは、スペイン語を聞くだけでマスターする自信はありますか?

 

恐らく無理だということをすぐに分るでしょう。何故なら、全く分からない単語や発音、文法なんて理解しようがないのですから。

 

英語でも同じことが言えます。英語はあなたが幻想を抱いている以上に、

知らない単語や発音で溢れかえっています。

 

言うなれば、まだスペイン語の方が、英語より発音は日本語に近いです。それでも聞くだけでは到底無理でしょう。

 

私も留学1ヶ月くらいまでは、「何もやらないよりかはまし」と思い聞き流しをすることもありました。

しかし現実は、何もやらないこと≒聞き流し

だということにすぐ気が付きました。

 

 

「スピード学習」的な教材を買わなくて本当に良かったなと思います。

少し誇大広告が過ぎますね。。使って話せるようになったという方は、全員、津田奈津子さんが特殊メイクして出演しているだけでは無いでしょうか。。。

 

 

 

 

初心者は大人しく地道にインプットとアウトプットを続けましょう。地道に単語帳を音読している方が確実に英語が身に付きます。

 

 

では、初心者以外の英語学習者はどうでしょうか。

 

確かに英語上級者(TOIEC700点以上取れる方)なら聞き流しも少しは意味を成します。

しかし、意味を成すためには、

 

 

 

 

聞きながし+シャドーイング+繰り返し聞く+メモ

ここまでする必要があります。(もはや聞き流しではない|д゚))

 

英語の上級者だろが初心者だろうが、分からないものは何回聞いたところで分からないままです。

理解して自分で使いこなせるようにするためには、聞いているだけではやはり不可能なのです。

 

メモまで取らなくても良いかもしれませんが、個人的には書くことで覚えやすくなるのであればおススメします。

 

 

・まとめ

英語の聞き流しにはまっったく効果はありません。

英語は他の言語と同様に聞くだけでは身に付けることの不可能な言語です。幻想は捨てましょう。

何もやらないことと大差ないので、聞き流しを勉強時間にカウントしないで下さい。

 

 

本日は以上となります。聞き流すだけである程度喋れるようになる赤ちゃんが羨ましいですね。

嘆いていても仕方がないので、私も英語学習を頑張っていきます!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、

ばぼの~す

 

Comment here