日本の義務教育の真相

皆さんこんばんわ

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

 

日本には、中学校までの9年間学校に通うことが義務になっていますよね。

国は何故これを国民の義務としているのでしょうか。

学力をつけるため?礼儀や教養を身に付けさせるため?

 

残念ながら、国民のために学校は設立されていません。全ては富国強兵のためです。

いつの話だよwww

と笑われるかもしれませんが、明治時代に学校教育(学制)が開始されてから、その根本は変わっていません。

 

今日は、絶対に学校で教わるはずのないことをご紹介していきたいと思います。

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

 

学制とは?富国強兵?

国を強くするための政策

 

明治時代、日本は欧米諸国に対抗するため、国を強くする必要がありました。

国を強くするためには、経済発展と軍隊の強化が必要となります。

この政策を富国強兵と呼んでいます。

 

 

この政策の中の1つに学制という制度があります。

現在の学校の基のなる制度です。

1872年に学生は公布され、6歳以上の男女は小学校で教育を受けるよう義務付けされました。

そこから、小学校~大学までの教育課程も作られています。

 

 

この時、国はどのように子供たちを教育していたでしょうか?

もちろん識字率やある程度の計算が出来ることにより、国の発展に繋がります。子供達としても、学力を付けることで将来の可能性を広げることが出来ますよね。

 

しかし、それと同時にある種の洗脳も行われていました。

愛国心を持つように。欧米諸国に対抗心を持たせるように。上の言うことを聞くように。

 

国としては、愛国心の溢れる兵隊ができるだけ多く欲しいものです。

そして、周りとの規律を守る集団行動に慣れさせ、先生(上)という存在には従わなければいけません。

 

現代の学校過程でも同じですよね。

集団行動を重んじて、先生や先輩には従う必要があります。

良い事でもあるかもしれませんが、少しの恐怖感も感じます。

 

洗脳というと聞こえは悪いかもしれませんが、今でも身近な存在です。

洗脳を柔らかく言い変えると、考え方を伝えてものにさせるということですから。

 

学制をまとめると、明治時代の日本は国を強くする必要がありました。

その1つの政策として学制というものがあり、忠実に上の言うことを聞き愛国心のある人物に育てることが目標でした。

 

 

 

現在との比較

根本は変わっていません

 

ここまでは過去の学校制度についてお話しました。

先ほども少し触れましたが、現在の学校でも集団行動と上の言うことを聞くことが教えられます。

 

明治時代は、従順な国を思う兵隊が必要でした。

 

兵隊とは言い過ぎかも知れませんが、現在も国のために働いてくれる人材が必要です。

上の言うことにしっかりと従い、周りと同じ行動をとる国民が欲しいのです。

 

自分勝手に動くような子供は悪い子とみなされますよね。

教師に逆らえば不良と呼ばれることでしょう。

(オラオラした不良は大嫌いですが💦)

 

つまり、国はまじめなサラリーマンまたは公務員ができるだけが欲しいのです。

 

「勉強をさせてあげる代わりに、将来は国のために働いてね」

これが義務教育です。

 

学校は社会の縮図とは、何も人間関係だけのことを指すわけではありません。

システムそのものが日本社会そのものなのです。

 

学校が個人のためと思っている人は、少し考え方を変えても良いのではないでしょうか。

 

利益のでないことを権力者達がやると思いますか?国が本当に国民のためだけに何かを起こすと思いますか?

国の発展のためと言えば聞こえが良いです。でも実際には、ちゃんと国民は利用されているのです。

 

あくまで個人の意見ですが、日本の学校はサラリーマン出荷工場です。良く言うことの聞いてくれる、従順な会社員養成施設。それが日本の教育課程と言えるでしょう。

小学校から大学まで通い就職をする。これが隠された義務にされています。

 

 

 

お金の授業はやりません

個人が力を持つ必要性皆無

 

「何故、学校ではお金の授業をしてくれないのだろう?」

そんなことを考えたことはありませんか?

 

結論を申し上げますと、個人にお金を持たれたくないからです。

 

もしもお金に余裕があれば、誰も働いてはくれません。

国は国の為だけに働いてくれる人が欲しいのです。

 

たとえ大学の経済学部や経営学部に入ったとしても、実業家や企業するための知識などは教えてもらえません。

最終的に、就職することへと導かれます。

 

資本主義社会に生きているのにも関わらず、資本主義の授業はほんの少しですよね。歴史の授業でさらっと触れるだけです。

どんな人が資本主義を支配し、誰が利益を得ているのか。そんな授業はありません。

 

 

絶対に学校は、お金持ちになる方法を教えず、生涯賃金たったの2億円の人物になる方法を教えます。

ここで2億円に「たったの」と付けたのは、この金額が生かさず殺さず辛うじて一生を生きていける額であるからです。

 

「会社に行って働かなきゃ」と思ってくれる金額のみ得られる。

これで満足する人もいれば、不満に思う人もいることでしょう。

 

もちろん、国民全員が実業家や起業家になってしまうと国が成り立ちません。

(国民全員が公務員でも国は回らないでしょうが。)

 

周りに合わせるのが安心。先生の言うことを聞いていれば正しい。本当にそうでしょうか?

良くも悪くも人それぞれです。ただ、会社員だけではお金持ちになれないことは確実でしょう。

 

 

 

まとめ

日本は明治時代に学校を作りました。日本を強い国にするため、従順で知識のある兵隊が必要だったからです。

現在の学校教育も根本は変わらず、従順で周りに合わせる会社員を欲しています。

お金の授業を学校でしない理由は、国にとってそれが必要のないことだからです。

 

 

 

 

義務教育や日本の学校制度は、良くも悪くも会社員製造工場です。

本当の意味での最低賃金を抜け出したければ、義務教育は頼りにはなりません。

 

本日は以上となります。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

それでは、

ばぼの~す

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です