哲学

感情のコントロールの仕方➁  打倒ネガティブ思考( ノД`)…。

皆さんこんばんわ。

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

今回は、感情のコントロールの仕方パート2 ネガティブ思考をどうにかする方法をシェアしていきます。

誰しも暗い感情を持ってしまうことはありますよね。しかし、ネガティブな考え方は総じて魅力を失ってしまいます。そんな感情を上手くコントロールすることが出来れば、あなたの未来は明るくなることでしょう!

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

 

1,ネガティブをため込まない

 

落ち込みたいときは思いっきり落ち込んで下さい!

ん?いきなり話が違うではないか!?そう感じられた方もいらっしゃると思います。しかし、私がお伝えしたいのは、無理は禁物であるということです。

 

失敗や辛い出来事、悲しい出来事はあなたを落胆させ、明るくふるまうことを困難にさせるでしょう。すぐに切り替えることが出来る人なんて、ごく一部の人です。辛い時は十分自分を甘やかし、癒してあげることが必要です。

 

もしも、本当は辛くてたまらないのに「このくらいのことでへこたれてはいけない。」と無理をし続けてしまうとどうなるでしょう。いつか溜まったネガティブ感情が噴出し、簡単には回復することが出来なくなります。

 

ネガティブ思考は、少しずつ小出しにしていくことが重要です。どんなに強い人でも、おそらく普段強い心を持っている人こそ、自分の限界は必ず存在することを忘れてはいけません。

 

 

もちろん、小出しにするというのは人や物に当たることではありません。自分の中で解決する方法を見つけ出し、実行することが肝心です。自分の好きな事をしたり、何も考えない時間を作りましょう。

辛いことを考え過ぎることはおすすめ出来ません。コントロールすることが困難になり、ネガティブな感情が蓄積されてしまいます。失敗したことや辛い出来事を直接受け止め、自分なりにリラックスできる方法を見つけてみて下さい。

 

少しずつ気持ちが落ち着いて来たのなら、次の自分にどんな教訓が残ったのか、どのように次は気を付ければ良いのかを考えてみて下さい。ゆっくりで大丈夫です。一瞬であなたはダメになんかなりませんから。

 

 

2,完璧主義を捨てる

完璧である必要はありません。どこまでが必要最低限のゴールなのか分析してください。

 

まだ自分はこれだけしか出来ていないのか。。全然このままではダメだ。。。

そう考えてしまうのは、ゴールが遠すぎるからではないでしょうか。自分が達成可能であり、かつ必要最低限のゴールはどこにあるのかを考えてみて下さい。

 

アメリカ留学中の私の場合で例を上げると、英語学習に自分でゴールを定めることにしています。(因みにゴールはTOIEC900点です。)語学学習は特にゴールの無いものです。言い換えると、完璧に身に付けることは限りなく不可能に近いのです。言語は文化や流行に大きく影響を受けることが理由の一つだからです。

 

日本人の場合、

・かつおがワカメをいじめて、サザエが叱った。

・ダウンタウンのガキ使って本当に面白いよね!

・まだ千本桜聞いてるの?

・青雲。それは君が見た光

これらを他の言語に直訳しても訳が分からないですよね?本当にネイティブスピーカーになりたければ、このような文化的、流行的な内容の言葉も覚える必要があります。アメリカ人はアメリカ人なりの「青雲それは~♪」的な笑いを取る言葉があります。そこまで習得するのって、、、何万時間かかるのでしょうか。。

 

 

 

そもそも外国人が、英語のネイティブスピーカーになることは必要なことでしょうか?コミュニケーションを取りたい、英語を使用した仕事に就きたいという目標であるならば、ネイティブである必要はありません。意外かもしれませんが、流ちょうに話すことが出来なくてもアメリカで働くことは可能です。(それなりの英語力取得よりもVISAの取得の方が大変な気がします。。)

 

少し例え話が長くなってしまいましたが、物事は突き詰め過ぎるとゴールを見失います。完璧ではなくどこまでが妥協点なのかを定め、心にゆとりを持ちましょう。

 

 

 

 

3,他人と比較をしない

自分は自分。他人のことを気にしていても仕方がないのです。

「周りはあんなに出来ているのに。」「周りから自分は好かれていない。」「また叱られた。自分はホントにだめなやつだ。」

 

ネガティブにこのような事を考えたことはありませんか?他人や他人の意見は参考にはなります。しかし、他人は自分の人生を決定することは不可能です。たとえ、どんなに自分にとって影響力がありそうな人でも、です。

 

家族や友人、上司や同僚に恋人。社会で生きていくうえで人は一人では生きることは出来ません。ただ、あなたはあなた自身の人生を生きるべきです。

「お前はダメな奴だ」何がどうダメなのか決めるのは、最終的には自分自身です。「自分の立場をわきまえろ」押し付けられた立場なんて、本当はあなたの人生に必要ありません。

 

 

他人が自分に対して抱いている感情は、なかなか変えることが難しいです。もしかすると不可能かもしれません。しかし、自分が自分に対して抱いている感情は本来、自由自在です。つまり、自分の思考の中ではあなたは何者にもなれるはです。どうか自分の可能性を、他人からの意見で無くすようなことはしないで下さい。

 

・まとめ

ネガティブ思考をコントロールするためには、

辛いことや悲しかったことをため込まない

何も考えない時間を作ることや、自分の好きなことをすることで小出しにして下さい。無理は禁物です。

完璧主義を捨てる

一つの失敗であなたはダメになんかなりません。自分が達成可能な最低限のゴールを定めるのがポイントです。

他人と比較するのを辞める

あなたの人生はあなたのものです。他人の意見で振り回されてはいけません。

 

 

本日は以上となります。次回は、「怠ける心」の対処方法について書いていきます。ぜひこちらもご覧下さい。

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

それでは、

ばぼの~す

 

Comment here