哲学

お金とは何か?   あなたの捉え方は大丈夫ですか?

皆さんこんばんわ。

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

今日は自称哲学者である私が、お金とは何か解き明かしたいと思います。

ずばり、

 

お金は人生を豊かにする道具

です。

 

 

本来お金は、人生の目的でも無ければ生きる意味でもありません。ただ、ものすごい力を秘めている道具です。

時には人の運命を左右し、時には人名にも関わることのある凄まじい効力を持ち合わせています。

 

それでも、道具であることを忘れてはいけません。その理由を3つご説明していこうと思います。

どうぞ最後までブログをお楽しみください。

 

 

 

1,お金は手段であり目的ではない

皆さんはお金さえあれば幸せですか?本当にそう考えているのであれば、少し危険です。

なぜならそうお考えの方は、十中八九、お金が上手く使えずに不便な人生になるからです。

 

 

当たり前な話ではありますが、お金は何かを購入することで、初めては意味を得ることが出来ます。

1万円札だけがあっても空腹は満たせません。住むところも確保できなければ、目的地まで素早く移動することも出来ません。

 

目的が先にあり、そのためにお金を調達する。これが正しいお金への考え方です。

 

 

何も目標が無くただ「お金が欲しい」と考えていると、お金はどんどん無くなります。何故なら、何にお金を使えば良いのかが分からないため、浪費をしていしまうからです。何となく貯めたお金は、何となく消えていきます。

 

別に本当は行く必要ないのに、特にやる事や使い道がないからという理由で飲み会に出費することでしょう。特に要らないけど、なんか手元にお金があるからという理由で、しょーもない物を購入するでことでしょう。

そして、何か本当にお金が必要になった時にお金は残っていません。

 

 

とても恐ろしい現象ですよね。自分は「お金が欲しい」と本気で思っているのに、凄まじい速度でお金は消えていくのですから。

これを回避するためには、「何に使うためにお金が必要なのか?」を考えることが必要となります。

 

お金を使う目的が何なのかを明確にしていれば、それ以外でのことへの浪費を抑えることが出来ます。

「新しいパソコンが来月までに必要なため、8万円用意する必要がある。」

 

 

 

このように8万円の使い道を明確にしていれば、他のことにその分の8万円を使用してしまうことは無いでしょう。

そして、同様にお金の使用先が明確になると、お金の使い道が洗礼されていきます。無駄なことやものにお金を使わなければ、自然と急な出費にも対処できる金額を用意しておくことも出来ます。

 

 

 

少し不思議なことのように聞こえますが、お金は使う予定を作らないと溜まることがありません。もともと使うための道具なのですから、使うものが無ければ効力を失うものなのです。

 

食べ物は食べないといつか腐ってしまうのと同じです。お金も使わないとなんの役にも立ちません。

 

つまりは、お金自体は目的にならないなのです。

 

 

 

2,お金よりも大切なもの

世の中にはお金よりも大切なものが確実に存在します。

 

健康と家族、自分の時間です。

お金というのは本当に便利な道具ではありますが、これらはいかにお金があろうとも買うことは出来ません。健康に関しても、お金があればある程度ケアをすることは可能です。しかし、老いや不治の病に対しては、どうも無力であります。

 

この事実に気が付きましょう。あなたの働き方は本当に大丈夫ですか?

 

 

時より人は、仕事のために自分の健康と家族、時間を犠牲にしてしまいます。そして、その仕事をする理由はお金を得るためですよね?

ここで本当に注意をしなくてはいけないのが、お金が必要な理由を見失ってしまうことです。

 

お金を道具ではなく目的だと考えてしまう人たちは、お金よりも大切なものをないがしろにしてしまいます。

家族や子供のために毎日働くだけの日々を送るのは、もはやあなたの自己満足です。「自分は激務をこなしている」「自分は家族の幸せのために働いているのだ。」家族と向き合う時間が取れていないのならば、そんな考えはただの自己中心です。

 

 

 

毎日13時間働いて、休日は体を休めることだけ。一体いつ家族を大切にしているのでしょう?ただ忙しい日々に甘んじているだけではないですか?

疲れ切ってピリピリしているあなたを、あなたの家族は望んでなどいません。

 

 

お金を使う時間が無いなんて、本来のお金の存在意義を見失っていることに他なりません。いいですか?お金があろうとなかろうと1日24時間です。お金は使うためにあるのにそれが使えない。もはやあなたのお金は、存在意義を成していません。

 

さらに悪いことに、その忙しすぎる日々は、確実にあなたの体と精神を蝕みます。リスクの無い安定した将来のために長時間労働をしているのならば、それは大きな間違いです。

 

体を壊してしまえば、大抵のサラリーマンとしての収入は途切れます。1度心が壊れてしまえば、もう一生元通りに治ることはありません。つまり、長時間労働が一番不安定でリスクの高い働き方です。人生を台無しにしたくなければ、お金の正体に気付きましょう。

 

道具(お金)を得る行為(仕事)があなたの生きる意味ですか?

 

 

 

3,何に使うかが重要

お金は使うためにあることをご説明しましたが、使うことの内容にも注意を払いましょう

 

一番良いお金の使用先は、自己投資です。

生活最低限の出費を見直し自己投資にお金を使用していれば、お金は減るどころか増えていきます。案外、日々生きていくのに必要なお金は少ないものですよ(^^

 

自己投資金を一番優先して使い、その後雑費に充てるのが良いでしょう。何故なら、お金を使うときに、今の自分に必要なものかを考える癖が付くからです。

 

自己投資をないがしろにする人は、なかなかお金持ちにはなることは出来ないでしょう。驚くべきことに、日本の社会人の勉強時間は、1日たったの6分だそうです。

 

6分って。。。

1,000時間の法則をご存知ですか?

どんなことにも大体1,000時間かけることで、初心者を抜けられるという考えです。これに当てはめて1日6分何かに打ち込んだとして、、

 

10日でやっと1時間なので、初心者を脱するまでに10,000日かかります。27年かけてやっと初心者脱却!(もう何かを始めるのは諦めた方が良いかもしれません。)

 

裏を返すと、どんなことも1,000時間かければ光が見えてくるのです!

この1,000時間を生み出すこととそこにお金を使うこと。

これが成功するためのお金の使い方でもあり、お金の有意義な使い方とも言えます。

 

 

・まとめ

お金とは、人生を豊かにするための道具です。

この本質を見失ってしまうと、人生が狂ってしまいます。どうかお金よりも大切なものに気づいて日々の仕事時間も見直して下さい。

 

 

本日は以上となります。最後までご覧いただきありがとうございます。

それでは、

ばぼの~す

 

Comment here