仕事をする意義

仕事をする意義

皆さんこんばんわ

ばのちゃんです。本日も閲覧頂きありがとうございます。

 

社会人の方は勿論のこと、大学生のアルバイトの方にも考えて欲しいテーマです。

自分の仕事に対して求めるものは何でしょうか?

 

恐らく、というよりも本質はお金を得るためですよね。

どれだけやりがいのある仕事だとしても、無給であるならば誰もやらないはずです。

 

しかし、お金目的だけではなく付加価値を付けることにより、あなたの仕事の時間はより有意義なものとなります。

今回は仕事に対する取り組み方についての記事です。

 

どうぞ最後までブログをお楽しみください

 

 

 

お金目的だけだとむなしい件

あなたの命は1時間1,000円ですか?

 

お金目的だけで働くことはむなしいことでしょう。

何故なら、自分の命を直接お金に換金することになるからです。

 

都会ではアルバイトの時給は1,000~2,000円です。

金額としては悪くは無いのかもしれませんが、自分の人生の時間を削っていることを忘れてはいけません。

大げさに言えば、あなたの命の価値が1時間1,000~2,000円という値段に定められているようなものです。

人によっては、1時間1万円でも命に値を付けられるのは嫌だという人はいるかもしれません。

 

 

純粋にお金を得ることのみに焦点を置いて働くと、自己の成長に繋がらないです。

さらに言えば、生きる目的すらも失いかねません。

 

そこで大切となる仕事への取り組み方は、自分自身で仕事の付加価値を付けることです。

 

具体的に述べると、

・スキルの取得のために頑張る

・その仕事経験を乗り越えて、自分の望む人物像を目指す

・生活を安定させて安心感を確保する

・他のことへも関連付けられる努力をする

 

もちろん最低限の仕事をこなすことは必要でしょう。

しかし、1日中会社の為ではなく自分のために努力する時間や思考を持つことも大切です。

 

現在受けている理不尽さや苦労は、一体なんのためであるかを見失わないようにしましょう。

自分のスキルのためや訓練と思えば、乗り越えることのできる障害や問題はめっぽう増えていきます。

どんな思惑があれ真面目に頑張れる人間は、周りからも信頼されて仕事も上手くこなせるようになります。

事実、自分のための仕事は誰よりも必死にやれるかもしれません。

 

 

ただ、「これはお前の為なんだよ!」なんていう叱咤激励は無視でOKです。

あなたの為になることはあなたが一番良く分かっています。

他人が分かるはずもないことです。

有能な上司であれば、その余分な1言をいう間に、次のプランを考え始めたりより良いアドバイスを部下に授けます。

 

自分の目指す人物像や将来の状況を思い浮かべ、今ある仕事を必死でこなしてみましょう。

 

ただぼーっと働くだけでは、あなたの命は破格の値段になります。

せっかく1日8時間も費やさなくてはいけないのだから、自分の成長に繋げてしまいましょう。

 

 

 

 

なんとなくでの退職は避ける

今後も同じ憂き目にあります

 

現在の仕事には何の意味も無い。ただただ嫌いだ。

このような理由から転職、または独立したとしても、また同じような経験から挫折をします。

 

最近は、脱社畜をして自由にお金を稼ぎたいという人が増えているようです。

しかし、これもまた先ほど同様、何故自由を手に入れたいのかが明確でなくては幸せにはなりません。

 

なんとなく自分で稼げる方が良さそう。何となく今のままでは体が壊れそう。

しっかりとした理由や、やるだけやった後に退職や転職をおすすめします。

 

自分で稼ぐという行為は、とても生ぬるいものではありませんし、会社と同様向き不向きがあります。

ただ何となく、今後の計画や実績もなしに会社を辞めると、控えめに言って人生詰むことでしょう。

 

誤解を恐れずに言えば、会社で働くということは本当に恵まれていてかつ楽なことです。

何も考えずとも、生活費用は用意することが出来るのですから。

 

どんな職場や働き方であっても、何故その仕事をしているのか。

この根本が定まっていなければ、どのような環境で働こうと満足感は得ることが出来ません。

 

 

仮に独立が成功して自由な時間を大幅に得たとしても、それから何がしたいのかを定まっていなければただの暇人です。

お金と時間は本当に人生の中で重要な要素です。

しかし、その重要な要素から何をしたいのかを考えていなければ、ただの持ち腐れとなるでしょう。

 

 

まとめ

仕事=お金を得るため

若しくは

社畜=時間が無くて哀れ

とだけ考えている人は、いずれにせよ満足感を得ることは出来ません。

 

何のために自分は働くのか?働いて得た利益をどのように使いたいのか?

何となく働いているだけでは、得るものも少なく得たとしても使い道が無いものです。

 

 

 

本日は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

それでは、

ばぼの~す

 

Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です